エステサロンで全身脱毛を受けるデメリット

脱毛期間が長く時間がかかる

エステサロンの全身脱毛は、医療脱毛と比べると使える脱毛機器の出力レベルが小さくなっています。なぜかというと、強力なレーザー等を毛根に照射する行為は医師免許を持っていないとできないことだからです。そのため、エステサロンでの全身脱毛は、クリニックによる医療脱毛と比べると、どうしても脱毛期間が長くなってしまい、長期間にわたって何度も通う必要が出てきます。施術が長期に渡ると、どうしても予定通りに通えないケースも出てきてしまいますが、その場合は更に脱毛期間が長くなってしまう可能性があり、負のスパイラルに陥る危険性があります。短期で脱毛を完了させることが難しい点がエステサロンでの脱毛のデメリットだと言えます。

永久脱毛ではないことに注意

エステサロンでの全身脱毛は、永久脱毛ではないことに注意が必要です。永久脱毛と呼ぶことが出来るのは、医療脱毛に限られており、エステサロンでの脱毛は、減毛くらいの表現になります。強力な機器を使う医療用の永久脱毛であっても、文字通り永久に毛が生えないという意味ではありません。また、人によっては、エステサロンの全身脱毛でも永久脱毛に近い効果が出る場合があります。しかし、やはり医療脱毛と比べるとエステサロンでの脱毛は、施術後にまた毛が生えてきてしまう確率は高くなってしまいます。人によっては、思ったほど脱毛効果が得られなかったり、生えてきた毛を脱毛するために再度通わなければならなくなる点もデメリットだと言えます。