医療レーザーによる全身脱毛のデメリット

レーザーの出力が強いため痛みを感じやすい

脱毛には、大きく分けて医療脱毛とエステ脱毛があります。医療脱毛はその名の通り、医療機関で行われる脱毛で、医師免許を持つ技術者だけが施術を行うことができます。そのため、医療脱毛はエステ脱毛よりも強い力を持ったレーザーを照射することができ、より高い脱毛効果を期待できるのです。ですが、医療脱毛にはデメリットも存在します。まず、医療脱毛は出力が高いレーザーを使うため、痛みを感じやすいということです。エステ脱毛よりも痛みが強いため、気楽に施術を受けることはできません。ましてや全身脱毛となると、痛みによるストレスも感じやすくなるでしょう。皮膚が薄い場合や毛が濃い場合、あるいは部位によってはより痛みを感じやすい所もありますし、痛みが原因で脱毛を断念するようなことになったら本末転倒になってしまいます。

効果が高い分料金も高め

脱毛する時に一番気になるのが費用のことではないでしょうか。医療脱毛に使われている脱毛器はパワーが強く、効果の高い高価なものを使っています。それだけでなく、資格を持った専門の医師が施術を行うため、値段がどうしても高くなってしまいます。誰でも「この金額なら出すことができない」というボーダーラインがあると思いますが、料金が高い医療脱毛はそのボーダーラインを越えてしまう恐れがあるのです。費用が高いと全身脱毛自体を受けることできなくなってしまう可能性があるのが、医療脱毛のデメリットと言えるでしょう。しかし、脱毛する人があまりいない、肌の露出が少なくなる秋から冬にかけては割引プランやお得なキャンペーンを行っている所もあります。また、痛みに関しても麻酔を使って施術できたり、脱毛器の種類によっては痛みを感じにくかったりする場合もあるなど、医療脱毛のデメリットを回避する方法は色々あるでしょう。