医療レーザーによる全身脱毛のメリット

施術期間が短くてコスパが良い!

全身脱毛の施術を受けられる場所は、エステサロンや医療施設です。違いは、全身脱毛に使われるレーザーにあります。エステでは、医療従事者でなくても扱える光脱毛が行われていますが、クリニックなどでは医療レーザーによる施術を受けられます。医療レーザー脱毛は光脱毛より強い出力のレーザーが使用され、脱毛効果が高いのが特徴です。このため、繰り返しの施術が必要なレーザー脱毛の施術回数を少なくできます。光脱毛では2年かかる施術が、医療レーザー脱毛では1年程度で終了する程差があるのです。特に全身脱毛は施術範囲が広く、一度の施術料金が安価な光脱毛であっても施術回数が多くなるため、医療レーザー脱毛よりも高額になるケースもあります。

痛みや不安を少なくして施術が受けられる

レーザーを肌に照射する全身脱毛は、施術によってトラブルが起きる可能性が全くないとは言えません。特に、VIOラインや顔などは見た目や健康に関わりますが、医療施設で施術を受けた場合には、万が一トラブルが起きても医師が施設内に常駐しているため、早期に対応してもらえるのがメリットです。また、医療レーザー脱毛を受ける際は痛みを抑えてもらえます。医師によって適切な麻酔を選択してもらえるので、出力の強いレーザーでも痛みが感じにくいのです。加えて近年の医療用レーザーには痛みを抑える機能が搭載されているものもあり、医師と相談して選択できます。光脱毛の場合は痛みが少ないと言われますが、麻酔を受けたい場合でもエステでは対応できません。